Top > FLIS > Sample

FLIS-BUS Sample *

Atmel AVR FLIS-BUSスレーブ(通信機能のみ) *

Atmel AVRシリーズによるFLIS-BUSスレーブの実装サンプル。
BUS通信用としてピン変化割り込みを使用しているので、PORTB内であれば自由にピンを選択することができる。

基本仕様 *

  • アドレス方式
    • Node
    • Domain/Subnet/Node *選択可
    • Domain/Group *選択可
    • Serial Number (サンプルは無効値になっているので、書き換えの必要あり)

パラメータ *

使用するAVRの型式、空きメモリに合わせて設定します。

CPU_FREQUENCY *

使用するCPUの周波数。
4000000(4MHz)以上のAVRに実装できます。

ENABLE_E2PROM *

E2PROMの使用有無。

.set ENABLE_E2PROM = 1

  • パラメータ(おもにアドレス)格納として、E2PROMを使用します。

.set ENABLE_E2PROM = 0

  • パラメータ(おもにアドレス)格納として、SRAMを使用します。(メモリマップ0x08,0x09のみ実装)
  • 電源を切ると初期値に戻ります。
  • Node IDの初期値は、MEM_NODE_ROMで設定します。

ENABLE_EX_ADDRESS, ENABLE_DOMAIN *

拡張アドレスの使用有無。

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 0

  • 拡張アドレスなし。
    • 簡易アドレス(Node ID)のみを使用します。

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 1
.set ENABLE_DOMAIN = 0

  • 拡張アドレスあり、ドメインなし。
    • Serial Numberは使用しますが、Domain/Subnet/Node, Domain/Groupは使用しません。

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 1
.set ENABLE_DOMAIN = 1

  • 拡張アドレスあり、ドメインあり。
    • すべての拡張アドレスを使用します。
  • 32bytes以上のE2PROMを実装したAVRのみ使用可能です。

SERIAL_NO *

Serial Number。
ノード毎にユニークになるように変更する必要があります。
0x00000100〜0x7fffffffの範囲で設定します。

MEM_NODE_ROM *

E2PROMを使用しない場合の、Node IDの初期値。
メモリマップ0x08,0x09に対応します。
0x01〜0xff(0xff:未使用)の範囲で設定します。

必要サイズ(例) *

Tiny25 拡張アドレスなし *

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 0

Register2
FLASH302 byte
SRAM6 byte
EEPROM32 byte
Stack7 byte

Tiny25 拡張アドレスあり、ドメインなし *

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 1
.set ENABLE_DOMAIN = 0

Register2
FLASH450 byte
SRAM10 byte
EEPROM32 byte
Stack7 byte

Tiny25 拡張アドレスあり、ドメインあり *

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 1
.set ENABLE_DOMAIN = 1

Register2
FLASH562 byte
SRAM10 byte
EEPROM32 byte
Stack7 byte

Tiny10 拡張アドレスなし *

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 0

Register2
FLASH294 byte
SRAM8 byte
EEPROM0 byte
Stack7 byte

Tiny10 拡張アドレスあり、ドメインなし *

.set ENABLE_EX_ADDRESS = 1

Register2
FLASH414byte
SRAM12 byte
EEPROM0 byte
Stack7 byte

ダウンロード *

ライセンス *

Atmel AVR FLIS-BUSスレーブ(LEDコントロール例) *

flisbus-avr.asmを使用した、LEDコントロール例。

基本仕様 *

  • 出力
    • 出力1: 100段階 (1.0%単位)
    • 出力2: 100段階 (1.0%単位)
    • 出力3: 100段階 (1.0%単位)
  • LED制御
    • キャリア周波数: 125Hz
  • アドレス方式
    • Node
    • Domain/Subnet/Node *選択可
    • Domain/Group *選択可
    • Serial Number (個別書き換えの必要あり)

回路図 *

シンクドライブ(GND接地)

led_gnd.png

ソースドライブ(VCC接地)

led_vcc.png

ダウンロード *

ライセンス *

Arduino FLIS-BUSホストライブラリ *

Arduinoを使用した、FLIS-BUSホストライブラリ。

使い方 *

Arduinoのライブラリフォルダに展開後、Arduinoを起動します。

  • サンプル
    • flisbus_controller - FLIS-BUSとUARTのゲートウェイサンプル。PC等からコントロールするのに使用します。
    • flisbus_demo - Arduino単体でFLIS-BUS上のUNOをコントロールするサンプル。

ダウンロード *

ライセンス *

FLIS-BUSコントローラ(Arduinoホスト)を使用したC#ライブラリ *

Arduino FLIS-BUSホストコントローラを使用した、C#ライブラリ。
※要、Visual Studio 2010

ダウンロード *

ライセンス *


コメントはありません。 コメント/FLIS/Sample?

お名前:


添付ファイル: fileflisbus-avr-led.1.1.0.asm 396件 [詳細] fileflisbus-avr.1.1.0.asm 374件 [詳細] fileFLIS_controller_vs2010.1.0.0.zip 76件 [詳細] fileflisbus-host-arduino.1.0.0.zip 113件 [詳細] fileled_vcc.png 750件 [詳細] fileled_gnd.png 752件 [詳細] fileflisbus-avr-led.1.0.0.asm 377件 [詳細] fileflisbus-avr.1.0.0.asm 528件 [詳細]