Top > FLIS > UNOe

FLIS-UNO/e *

2線式フルカラーLEDコントローラ(エコノミー)

FLIS-UNOをATtiny10用に再設計。
最低限のリソースで実装できるように、一部機能を制限している。
部品点数を減らし、基板サイズを30%縮小、部品原価50%減。

基本仕様 *

  • 色数: 1,000,000色
    • 赤: 100段階 (1.0%単位)
    • 緑: 100段階 (1.0%単位)
    • 青: 100段階 (1.0%単位)
  • LED制御
    • キャリア周波数: 320〜2,560Hz
    • 感明度補正テーブルにより、自然なグラデーション制御
  • アドレス方式
    • Node
    • Serial Number (フラッシュROMに書き込み済み)
  • 動作電圧: 3.0〜5.5V

バス仕様 *

詳細 FLIS/BUS

コマンド *

  • 管理コマンド
    • メモリ書き込み
    • シリアル番号要求
  • 製品毎コマンド
    • 点灯
    • 制御一時停止

詳細 FLIS/COMMAND

メモリマップ *

AddressParameterNote
0x08Node ID 1
0x09Node ID 2

揮発メモリに格納しているため、リセット毎に初期化される。
Node ID 1の初期値は、0xf0 | シリアル番号の下位3ビット。
Node ID 2の初期値は、0xf8 | シリアル番号の下位2ビット。

制御方式 *

ソフトウェアPWM+ソフトウェアPFM *

ATtiny10に内蔵しているハードウェアPWMはチャンネル数が少なく、フルカラーLEDの制御には向かない。
ソフトウェアPWMは分解能をあげるとキャリア周波数が小さくなり、ソフトウェアPFMは分解能はあげやすいが、デューティ比を大きくできない。

そのため、デューティ比が小さい時はPFM、デューティ比が大きい時はPWMを使用したハイブリットな制御を実装する。

PWM *

  • キャリア周波数: 320〜2,560Hz
  • 分解能: 1/128
  • 制御可能量: 0/128〜128/128
  • ノコギリ波テーブルを8分割することで、制御量8/128以上ではキャリア周波数は8倍(2,560Hz)になる。

PFM *

  • キャリア周波数: 320〜40,960Hz
  • 分解能: 1/24960
  • 制御可能量: 0/24960〜249/24960

制御量テーブル *

人か感じる制御量は実制御量の三乗根に比例するため、内部的にテーブルを持ち補正を行う。

制御量デューティ比制御量デューティ比制御量デューティ比制御量デューティ比制御量デューティ比
00.000004080120160
10.00004410.01138810.075161210.234381610.53906
24282122162
30.00008430.01266830.080411230.250001630.55469
44484124164
50.00012450.01522850.085541250.257811650.57813
64686126166
70.00020470.01663870.092071270.273441670.60156
84888128168
90.00036490.01919890.097321290.281251690.61719
105090130170
110.00052510.02047910.103851310.296881710.64063
125292132172
130.00076530.02304930.110381330.312501730.66406
145494134174
150.00100550.02572950.118191350.320311750.68750
165696136176
170.00132570.02829970.125001370.335941770.71094
185898138178
190.00164590.03085990.132811390.351561790.73438
2060100140180
210.00212610.033531010.140631410.367191810.75781
2262102142182
230.00260630.037381030.148441430.382811830.78125
2464104144184
250.00325650.040061050.156251450.398441850.80469
2666106146186
270.00389670.043911070.164061470.414061870.83594
2868108148188
290.00469690.047881090.171881490.429691890.85938
3070110150190
310.00557710.051721110.187501510.445311910.89063
3272112152192
330.00653730.055691130.195311530.460941930.91406
3474114154194
350.00757750.060821150.203131550.484381950.94531
3676116156196
370.00881770.064781170.210941570.500001970.96875
3878118158198
390.01010790.069911190.226561590.523441991.00000
200

最小制御量が1/24960であるため、正確に三乗根にはなっていない。
FLIS-UNOとのコマンド互換性の為、2毎に制御量を変えている。

LED消費電流(実測値) *

  • 電源電圧3.3V時
    • 赤100%: 13.71mA
    • 緑100%: 8.86mA
    • 青100%: 7.78mA
  • 電源電圧4.0V時
    • 赤100%: 21.59mA
    • 緑100%: 21.14mA
    • 青100%: 20.10mA
  • 電源電圧5.0V時
    • 赤100%: 33.26mA
    • 緑100%: 39.08mA
    • 青100%: 38.85mA

5.0V動作時に全色100%点灯するとLEDの絶対定格を超えてしまうので、デューティ比0.55以上にしないこと。
サンプルドライバ基板は電源にダイオードが入っており、100%点灯でも定格を超えないようになっている。
ドライバの出力インピーダンスが20Ω以上ある場合も、定格は超えない。

回路図 *

キット用マニュアルを参照ください。

ソフトウェア *

  • FLIS/Sample#mf543c6e Arduino FLIS-BUSホストライブラリ
  • FLIS/Sample#mf543c6e FLIS-BUSコントローラ(Arduinoホスト)を使用したC#ライブラリ
  • FLIS/Sample#o6861ffe Atmel AVR FLIS-BUSスレーブ(LEDコントロール例) ※実際にFLIS-UNO/eに書き込まれているソフトとは違います

キット *

ネット頒布承ります。メールフォームより相談ください。

FLIS-UNOe-001-8 (8球) \2,500円+送料
※要、1608チップ部品はんだ付け

ドライバ基板とArduinoとの接続 *

driver.jpg
 : Sony Ericsson
 : SO-03D
 : 2012-12-04 00:39:49
 : 10/500
 : f/2.4

ICSP端子の電源と11ピンを使用ています。

その他写真 *

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg

関連ページ *

イベントレポート *

実際に使用していただきました(多謝) *

作っていただきました(多謝) *


コメントはありません。 コメント/FLIS/UNOe?

お名前:


添付ファイル: file09.jpg 224件 [詳細] file08.jpg 238件 [詳細] file07.jpg 210件 [詳細] file06.jpg 236件 [詳細] file05.jpg 250件 [詳細] fileflis_unoe_demo.1.0.0.pde 413件 [詳細] filedriver.jpg 318件 [詳細] fileFLIS-UNOeManual1.01.pdf 838件 [詳細] file04.jpg 290件 [詳細] file03.jpg 302件 [詳細] file02.jpg 287件 [詳細] file01.jpg 292件 [詳細]